ブログ

圧痛点を確認する理由

もも鍼灸院が施術中に 何度も圧痛点を確認する理由とは…

施術を実際に受けて頂いた方は
なぜ主訴以外の場所で
痛みの有り無しを確認するの?
と思われた方も多いのでは


一番最初に腹診をして
お腹のどこかに痛みや違和感はないかを
確認しています


これにより
︎︎︎︎︎︎︎︎☑︎どこの内臓が弱っているか
︎︎︎︎☑︎どこの経絡が弱っているか
などをチェックしています


腹診で痛みや違和感を感じた部分の
圧痛を抜いていくために
必要なツボに鍼


上記を施術の一番最初に行う事で
「身体のバランス」を整えます


身体全体のバランスが
良いバランスに整っていなければ…
どれだけ局所を調整しようとしても
なかなか良い結果が出ません


局所治療で改善できたとしても
一時的な効果の場合が多く
元の悪い状態に戻りやすいのです


身体はいつも
お互いの機能が影響しあい
正常な働きができるように
バランスを取り合っています


どこかが崩れれば
その穴埋めをどこかが負担していき
その負担が積み重なれば…
思わぬ所が重症化して表面化する事も


筋肉同士のバランス
骨同士のバランス
内臓機能同士のバランス
免疫系のバランス
自律神経のバランス
などなど


色んな所で相互作用が働いて
身体は健康を保っているんですね~👏🏻
身体ってすごいですよね!


ということで
(↑まとめが雑 笑)


もも鍼灸院では
腹診をしっかり行い
圧痛点を取る事を重視しております


お腹以外でも背部や手足も
痛みや違和感を感じる場所を
細かくチェックするスタイルです☆


なぜここの痛みが
そこのツボで取れるのー⁉️
不思議!面白い!
という感想を頂くことも😊


身体って繋がってるんですよね
(`・ω・´)キリッ ! 笑


《まとめ》
☻腹診から身体のバランスをチェック
☻身体は全て繋がっている


追記✍

初回は全く腹診に反応無いな~という方
→本当に健康!👏🏻
or
→体が弱り過ぎてて反応が鈍い
両方のパターンがあるそうです😂


私は最初全く出なくて
夫は謎だったそうでww