アトピーの施術例はこちら

アトピーの概要

アトピー性皮膚炎は、憎悪と軽快を繰り返す痒みある湿疹を主病変とする疾患である。 多くの場合はアトピー素因を持つ。アトピー素因とは、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちいずれか、あるいは複数を自分自身や家族がもっている、またはIgE抗体を産生しやすい体質である。と、言われています。

アトピー症状のお悩み

痒みや湿疹が、体のさまざまな部位に左右対称性に、慢性的に繰り返してみられます。湿疹ができる部位は年齢によっても異なりますが、前額、眼囲、口囲・口唇、耳介周囲、頸部、四肢関節部、体幹に好発しやすいです。乳児期あるいは幼児期から発症し小児期に寛解するか、あるいは寛解することなく再発を繰り返し、成人になっても症状が持続してみられることも。また、唾液、汗、髪の毛の接触、衣類との摩擦、掻破による刺激、外用薬、化粧品、金属、シャンプーやリンスなどのかぶれ、ダニ、ほこり、花粉、ペットの毛などによる吸入、食物、ストレスなどで悪化することも多いです。

一般的な治療法と鍼灸のアプローチ

アトピー標準治療

<一般的な治療法>

✓スキンケア(保湿剤、清潔)
✓ステロイド服薬、塗布
✓食事制限
✓アレルゲンの除去
✓清潔環境の維持

鍼灸の治療アプローチ

◆アレルギー体質の改善◆

体質改善に重点を置く根本治療を行います。
アトピー症状が発生しない体づくり、体質の改善を目指します。

✿薬と違い副作用のない治療法✿

アトピー治療方針

免疫バランスの正常化

免疫バランス正常化

過剰に反応してしまう免疫系を落ち着かせるための施術

・扁桃の慢性的な炎症を改善させる
・腸内環境を良くする→皮膚改善にも繋がる
・胃の働きを良くする→腸内環境も良くなる
・副腎の働きを改善する→体力向上、炎症に対応できる身体へ

自律神経バランスの調整

自律神経の乱れ

交感神経過緊張で症状が強くなりやすい方が多いです

交感神経過緊張が続いてしまうと…

✓胃腸障害が起きやすい
✓イライラしやすい→痒みが増大
✓睡眠障害→熟睡できない、不眠
✓リラックスすると痒みが出やすい
✓すぐ疲れる、常に怠い、慢性疲労
✓身体が冷えやすい(冷え性)
✓筋肉がこわばっている
✓呼吸が浅くなりがち

交感神経過緊張の状態から副交感神経への切り替わり時に、反動で症状が酷くなる方も多い。
⇨日中よりも夕方~寝る前が辛い

もも鍼灸院、はり、きゅう、鍼灸治療
鍼灸メニューについて

※全身への鍼治療だけでなく、手だけの鍼(高麗手指鍼)もございます。

✔着替えの際の衣服の擦れも辛い
✔短時間で済ませたい

という方にお勧めです

症状を誘発する要因は?

症状の誘発要因

アトピーは副交感神経優位な状態の方が発症しやすいです。
しかし現代人は常にストレスにさらされやすく、仕事もプライベートも頑張りすぎている方が大半。

ライフスタイルの影響を受けて、成人してからアトピー発症する方、症状が幼少期よりも酷くなる方も。

常に身体がストレス過多だと、交感神経過緊張な状態に陥りやすい為、副交感神経⇔交感神経の振れ幅が大きくなりすぎてしまいます。
こういう方は、薬や標準治療に従ってもなかなか改善されない方も多いです。

薬で一度良くなってたように見えても、時期が過ぎるとまた悪化する・・・という悪循環を繰り返す場合も。

また、自分に合わない食事内容であったり、極端な食事制限、あるいはジャンクフードや加工食品ばかりに偏っている…など食生活の影響も症状を悪化させる要因の一つです。

免疫系&自律神経系のバランスを正常な状態に向かわせてあげると共に、日々の食事内容も見直し、薬に頼り過ぎなくても、日常生活が快適に過ごせる身体づくりをしていきましょう。

その為のサポートやセルフケアの相談を、もも鍼灸院では行っております。

鍼灸治療が初めての方へ

免疫系&自律神経系のバランスを正常な状態に向かわせてあげると共に、日々の食事内容も見直し、日常生活が快適に過ごせる身体づくりをしていきましょう。

その為のサポートやセルフケアの相談を、もも鍼灸院では行っております。

おすすめメニュー

鍼灸と食事療法の両面からアトピー体質の改善をサポートいたします

アトピー患者様の施術例

アトピー、アレルギーでお悩み方にお勧めブログ記事

アトピーの治療方針と私の体験談
腸を元気に!
治療のスタートは「胃の氣」の改善から
低血糖による身体の不調
はりじろう
ホームへもどる

アトピーの改善記録

なかなか完治が
難しく一生付き合う人も多い
と言われる、皮膚の病気
「アトピー性皮膚炎」

私も幼少期からずっと
アトピー性皮膚炎で悩まされ
30歳になった頃に
激しく悪化した経験があります

写真をスライドして頂くと
ここ半年程の肌の変化を
見ていただけます
※頚部が一番症状酷い場所です

光の加減などもあり
肌色の写りが違う物もありますが
炎症度合いの変化は
分かりやすいかと思います
(現在⇒過去の順)

最も悪化してた時期の写真は
酷すぎで保存してなかったです
(2017年頃)

 

幼少期は薬も使用していましたが
大人になって悪化した際は
薬を使わず根本治療をしたい!
と意気込み、食事改善を
メインに取り組みました

薬で痒みや炎症を抑えずに
毎日過ごす為
地獄のような苦しみでした

アトピーになった方は
共感頂けると思うのですが
なかなか体験した事ない方には
伝わりきれない苦しみ…

☠激しい痒み
☠激しい痛み
☠ダメだと分かってても掻きむしる
☠痒みと痛みで熟睡できない
☠水が付くと痒い
☠空気に触れるだけでも痛い
☠衣服が擦れても痛痒い
☠掃除機が皮膚で毎日満杯になるほど皮膚を掻きむしる

この状態が四六時中続きます
あまりに酷くて不眠症になりました

毎日、我慢できない程の痒みと痛みに
襲われ続けるので
生きてる事が辛くなった程です
(大げさですが本気で)

食事改善開始時は
小麦製品や砂糖が多い食品を摂ると
痒みや炎症が増す状態だった為
思い切って「糖質制限」にチャレンジ!

開始当初~1年くらいは
☻炎症も治まりやすい
☻痒みや痛みもマシになる
などの良い部分も見られました

しかし長期で続けるうちに
糖質制限のレベルも
どんどん極端になっていき
色んなサプリ等も試していたら
徐々に身体はおかしな方向に

極限まで行ってしまったのか
ついには、ぶっ壊れました(笑)

後々、色んな情報を見直し
再度勉強してみて痛感しましたが
元々の副腎疲労状態を
極端な糖質制限で自ら
悪化させていたのです…!

体調がどんどん辛くなっていき
末期だった頃の体感は

✔︎朝起き上がれない
✔︎日中も怠くて動けない
✔︎脳がずっとぼんやりしてる
✔︎思考回路が働かない
✔︎重力が10倍くらいに感じる
✔︎皮膚炎悪化
✔︎消化力低下(食欲がない)
✔︎生理量が激減

などです

健康になる為に始めた
食事改善によって
逆に壊してしまったとは!
かなりショックでした

昨年の夏前に食事改善の方向性を
変えて再スタート

まずはとてつもなく悪化した
『低血糖症』
治していくところから

低血糖症の長期悪化は
✔︎副腎機能低下
✔︎甲状腺機能低下
両方のトリガーになりやすいです

どちらも生命維持に
とても大切な器官!
もちろん、
疾病治癒にも必要な場所!

私の場合は、半年以上かけて
徐々に「低血糖症」を改善
想像以上に時間がかかり
なかなか辛かったです

体調が良くなってきたなぁと
少しずつ実感できるようになったと
同時に、皮膚の状態も
みるみる改善方向に

夫の鍼灸施術の効果もup!(笑)
身体が治る方向に
ちゃんと切り替わりました

食事改善の方向性を
見直せて本当に良かったです

 

身体を良くしたい!
病気をなんとかしたい!
と思うあまり
色んな事をストイックに
やり過ぎてしまう方も
たくさん見かけます(私もw)

何事も
『過ぎたるは及ばざるが如し』
ですね😂

ゆる~く適度に取り入れて
身体の反応をちゃんと見てあげてください

また、改善記録詳細書いていこうと思います