鍼灸について

施術の様子

<辛い症状を軽くする鍼灸>

個人のお悩みにあわせたオーダーメイドの施術を行います。
なかなか解消しない痛みや痺れ、身体の怠さなどの根本原因の改善アプローチで回復をサポート!

当院では、まず最初に胃腸】の改善に重点を置いて施術を行います。身体の修復に必要な栄養を消化吸収する力が低下していると、身体の改善に時間がかかってしまうからです。しっかりと胃の気を補ってあげると、身体の回復力が底上げされて、治療効果がぐっと上がります。

なぜオーダーメイド施術が必要なのか?

病名や症状の名前は同じでも、

・なぜその症状が出ているのか?
・何が原因なのか?

という角度から考えると、人によって根本原因は様々です。

首・肩こりでも説明しているように、局所に出ている痛みは一見同じようでも、その痛みの根本原因は人によって違います。
お悩みの箇所は「肩こり」だとしても、その痛みを引き起こしている原因を見つけて対処をしなければ、「肩」をマッサージでほぐしたとしても、またすぐに「肩こり」は起こってくる…という堂々巡り。

お悩みの「局所症状」を改善するためには、その症状を誘発している根本原因を見つけて、そこにアプローチすることが大切です。

そのため、もも鍼灸院では患者様お一人お一人の症状・お身体の状態を確認し、必要なアプローチを考えるオーダーメイド施術を採用しております。

【ツボと経絡】

身体には経絡というエネルギーの通路があり全身を巡っています。経絡上にはツボがあり、経絡や繋がっている臓腑に異常があると反応が現れます。その反応を捉えて、異常を消去していくと、症状が改善していきます。

東洋医学では病名が重要ではなく、五臓六腑のバランスの崩れによって病気が現れると考えられております。そのため、身体全体のバランスを整えることで身体の痛みだけではなく、あらゆる病気を快方に向かわせる事ができるのです。

この作用を活用することで、お悩みの症状改善、そして今あるお悩みが発生しにくくなる身体に作り替えるサポートをするのが鍼灸施術です。

どこのツボや経絡に処置することが必要なのか?は人によって異なります。
患者様のお身体の状態を確認の上、その方にとって必要な場所に処置をし、身体全体のバランスを良い状態へと導く施術方法です。

費用・時間

初回:7,000円(約60~90分)
2回目以降:5,000円(約60分)

※施術時間は症状により増減いたします

→初めての方へ

<鍼灸による身体への効果>

【骨格調整】
背骨がズレてる、骨盤がズレてると一般的によく言われますが、基本的に骨は勝手にズレません。(交通事故などの激しい外傷は除く)骨を引っ張ってズラす犯人の正体は・・・筋肉のアンバランスです!

✓身体を一方向にねじる事が多いスポーツをしている
✓荷物を常に決まった片側で持つ
✓立っている時に片側で重心を偏らせる癖
などなど

身体を左右対称に使えている人間はほぼ居ません。筋力の左右差、前後差がでてきて当然なのです。こういった筋肉のアンバランスが生じることで姿勢が崩れてきます。これが骨の配列を歪ませる原因です。

鍼は緊張した筋肉、弛緩した筋肉、どちらも正常な状態に調整できる施術です。整体やカイロの臨床経験も長いので、そちらの目線からも考えて施術しておりますが、骨を無理やりバキバキ鳴らさなくても調整は可能です。

※身体の歪んでいた期間が長くその状態が慢性化していると、脳がその状態を正常だと記憶している為、調整後も歪んだ状態に戻そうとしてしまいます。その為、施術回数を増やし定期的に調整することが必要な方もいらっしゃいます。脳に正常な状態をインプットし直し、常に身体が正常な状態に保てるようにすることが大切です。

 

【血流の改善】
鍼を打つと血管が拡張し、血流が改善します。また筋肉のコリが鍼施術でほぐれる事によってそのコリが圧迫していた血管を解放することも同時にできます。血流が改善することで身体の組織に栄養がいきわたるようになり、修復作用も盛んになります。この作用が美容鍼にも活かされています。

 

【自律神経バランスの調整】
人間の身体は「交感神経と副交感神経」という自律神経のバランスによって随時正常な状態を保たれるよう調整が行われています。そのバランスがどちらか一方に偏り過ぎた状態が長期で続いてしまう事で、体調不良や疾病を引き起こします。腹部を調整すると「副交感神経」の働きを高めることができ、背部を調整すると「交感神経」の働きを高めることができます。また身体の上下や左右でもコントロールは可能です。患者様の状態を確認し、おひとりおひとりに合った施術を行います。

 

【免疫機能の正常化】
身体の病気が慢性化してしまうと、身体はその状態が正常だと思い込んでしまいます。これは免疫反応が弱くなっている状態です。鍼は身体に極微小な傷を入れることで、また灸は極微小な火傷を作ることで組織の修復反応に刺激を与え、新たな免疫反応を呼び起こします。その作用を利用して、慢性化した病巣に対しても修復の反応が起きるようになります。

≪リスクについて≫

身体の表面は毛細血管が多く存在しています。その為、出血や内出血が起こる可能性を0にすることはできません。当院では髪の毛程の細い鍼を使用し、リスクを極力避ける施術を行っております。万が一、内出血が起こった場合は2週間ほどで自然と消えていくのをお待ちください。こちらをご了承いただいた上で施術を受けて頂けると幸いです。

日本の鍼は、柔らかくしなやかで、髪の毛程度の細さです。刺さるというよりは、むしろ組織をかき分けて入っていくイメージ。痛みはほとんど感じず、むしろ気持ちがよいと感じる方がほとんどです。

当院では、鍼灸施術だけでなく、管理栄養士による栄養相談も行っています。
「外から内面を整える鍼灸施術」と「身体の中から代謝を整える食事改善」を組み合わせることで、お悩みの改善速度がさらに上がると共に、良い相乗効果を生み出します。