施術例【婦人科系疾患】

子宮内膜症

子宮内膜症

腹痛などは特に感じなかったが、婦人科で検査を受けた際に、子宮内膜症が発見された。

腹部の婦人科ラインと瘀血のポイントに圧痛陽性。

肝と腎を治療することにより、瘀血及び婦人科ラインの反応を消去させる。

肝・腎の治療に加え、他に出ている随伴症状を消去。

1回。遠方より来院の為、自宅でのセルフケアをアドバイスして終了しました。

セルフケアのアドバイスを行いました。

不正出血

特になし

腰痛や首のコリが愁訴であった。生理周期は不定期でPMSもたまにある。身体の冷えが強い。妊娠を希望していて身体を中から整えたいとの希望。

腹部の婦人科ラインと瘀血のポイントに圧痛陽性。胃の氣も不足。虚弱体質。

胃の氣を補い、基礎体力の向上を目指す。肝と腎を治療することにより、瘀血及び婦人科ラインの反応を消去させる。

胃の氣を補うことで血液循環を改善し、身体のベースを整える。瘀血を解消し、妊娠しやすい身体を目指す。

身体のベースを整える為に月1~の来院をお勧めした。

セルフケアのアドバイスを行いました。

卵巣嚢腫

卵巣嚢腫

20代の時に腹部激痛があり病院を受診→手術

腹診では痛みの自覚が無し。ただ、腎兪付近に著明な硬結があり、腎の問題だと判断。

卵巣の反応は腎に現れるため、腎を治療することにより卵巣の正常化を図る。

腎兪の異常な硬結を緩めるよう施術を行いました。

身体のベースを整える為に月1~の来院をお勧めした。

自宅で行えるセルフケアのアドバイスを行いました。

ホームへもどる