You are currently viewing 【症例】目のゆるみ、だる重さ

【症例】目のゆるみ、だる重さ

目のだる重さ 60代 女性

<病院での診断>
白目のゆるみを感じて眼科で検査を受けたが、原因は不明。

<ご本人談>
2~3か月前から、目に膜が張ったような感覚と共に、白目のゆるみを感じる。下に落ちてしまいそうな、重だるさがずっと続く。
両目ではなく、片方だけにその症状があり不快感がある。

鍼灸院としての診断

問診や触診などから、扁桃が異常に弱く、その影響も強く出ているのでは、と推測した。

※患者様には、一応、脳神経に異常が無いかどうか、病院で検査することもお伝えしました。

施術方針

扁桃の正常化、首周りの筋緊張を緩和させる。

施術内容

施術方針に従い、鍼灸施術を行った。
→扁桃処置、副腎処置、脾経の調整、筋緊張緩和処置。

施術後の経過・ケア

2回目来院時、初回の施術後2、3日経過してから目の症状が軽くなったと話されていました。
2回目来院時の数日前から、また少し目の症状が出てきていたご様子。
初回施術の当日は、施術後やや身体がだるく感じたが、そちらも2,3日経過後、軽くなったと話されていました。
(鍼灸施術の刺激により副交感神経が立ち上がり、だるさを感じやすい方もいます)

※初回施術後から10日後に2回目の来院。

ご自宅で試せる簡単なセルフケア方法などもお伝えしています。

※症状の改善速度や度合いには個人差がございます。

体質改善・身体のケアをサポートいたします!

もも鍼灸院、はり、きゅう、鍼灸治療
鍼灸ケアについて

鍼灸で身体の修復機能や代謝改善をサポート。自分自身の身体の機能を底上げすることで、身体は元気を取り戻します。そのスイッチを入れるのが鍼灸です☆

食事相談、カウンセリング
お食事相談について

美容と健康に必要なものは何といっても「食事」。毎日どんな食事を摂っているかで未来の身体は良くも悪くもなります。疾病治療や体質改善にも「食事が9割!」食事内容が整う事で鍼灸の効果も発揮されます。

鍼灸と栄養療法で身体の内外から健康にアプローチ
トップページ