You are currently viewing 【症例】手首のガングリオンと首痛&腕の痺れ

【症例】手首のガングリオンと首痛&腕の痺れ

ガングリオン 30代 女性

<病院での診断>
特になし

<ご本人談>
2年前くらいから、左手首上にガングリオンができた。
ガングリオン自体は痛くないが、左腕が疲れやすい、時々痺れを感じる、左の首ばかり痛くなりやすい。
頚椎や胸椎の調整(施術で)を集中的にしてもらっても、その時はスッキリしてもすぐにまた症状が出てくる。

施術方針

ガングリオンの周囲に刺鍼を行い、ガングリオンの縮小化を狙う。
その事により、三焦経の異常を軽減させ、首や腕の違和感の軽減も促す。

鍼灸院としての診断

手首のガングリオンが丁度、三焦経上にある。
首痛や腕の痺れにも影響しているのでは、と推測。
頚椎~胸椎の歪みもかなり強く、左天宗のコリも大きい。

施術内容

施術方針に従い、鍼灸施術を行った。
→ガングリオンの周囲に刺鍼とお灸を行った。

施術後の経過・ケア

初回施術から2、3日経過後、ガングリオンのサイズが半分以下に縮小した。
それに伴い、常時感じやすかった、首や腕の痛みや痺れ感が出なくなる。
1週間以内に2回目の施術。同様に施術を行った。頚椎や胸椎の状態もチェックしたところ、初回時より歪みが取れてきていた。
3回目の施術時には見た目上のポッコリ感は分からないくらいガングリオンが縮小。触診すると、まだ少し残存がみられる。2回目のチェック時よりも頚椎・胸椎がさらに整ってきている。それに伴い、首痛も出なくなり、腕の痺れも消失。

手首上のガングリオンがかなり頚椎・胸椎に影響を及ぼし、違和感や痛みが出ていた症例でした。

※症状の改善速度や度合いには個人差がございます。

体質改善・身体のケアをサポートいたします!

もも鍼灸院、はり、きゅう、鍼灸治療
鍼灸ケアについて

鍼灸で身体の修復機能や代謝改善をサポート。自分自身の身体の機能を底上げすることで、身体は元気を取り戻します。そのスイッチを入れるのが鍼灸です☆

食事相談、カウンセリング
お食事相談について

美容と健康に必要なものは何といっても「食事」。毎日どんな食事を摂っているかで未来の身体は良くも悪くもなります。疾病治療や体質改善にも「食事が9割!」食事内容が整う事で鍼灸の効果も発揮されます。

鍼灸と栄養療法で身体の内外から健康にアプローチ
トップページ