You are currently viewing 【症例】喉の痛みと違和感

【症例】喉の痛みと違和感

喉の痛み 20代 女性

<病院での診断>
特になし

<ご本人談>
前日から急に喉の痛みや違和感を感じる。喉以外は熱などの症状も無い。寝てる時に口を開けていた為、乾燥で余計に違和感がある気がする。

鍼灸院としての診断

問診内容から、一週間前に別の症状で抗生物質を飲み胃腸機能が弱っていた(下痢など)事や、寒暖差や乾燥などの気候要因も重なり、免疫機能(扁桃)が一時的に弱ってしまい、喉の症状が出ていると推測。

施術方針

瘀血を解消させ全身の循環を良くする。免疫機能の改善を図る。

施術内容

施術方針に従い、鍼灸施術を行った。
→瘀血処置、扁桃処置、胃の氣処置、脾経の調整など

施術後の経過・ケア

施術中、仰臥位が終わった段階で、かなり喉が楽になったと話されていました。
うつ伏せで頚~胸椎周囲の筋緊張を緩和させ、施術後さらに楽になった様子。
痛みは消えたが、乾燥してるような違和感だけ残ると話されていましたが、会計時にはそれも解消。
ご自宅でのセルフケアをお伝えし終了。

※症状の改善速度や度合いには個人差がございます。

体質改善・身体のケアをサポートいたします!

もも鍼灸院、はり、きゅう、鍼灸治療
鍼灸ケアについて

鍼灸で身体の修復機能や代謝改善をサポート。自分自身の身体の機能を底上げすることで、身体は元気を取り戻します。そのスイッチを入れるのが鍼灸です☆

井穴刺絡
井穴刺絡について

自律神経の異常興奮が病気の背景にあるため、それを調整し症状や疾患を治療していきます。
身体の末梢部分は自律神経に影響を与える作用が大きい為、手足の井穴(せいけつ)や頭皮に刺絡を行います。

もも鍼灸院LINE
LINEで予約・お問い合わせ
鍼灸と栄養療法で身体の内外から健康にアプローチ
トップページ