【梅雨入りで体調ダウン】低気圧による自律神経の乱れと不調

【梅雨入りで体調ダウン】低気圧による自律神経の乱れと不調

低気圧と自律神経

梅雨 低気圧 自律神経のアンバランス

東海地方は例年より1ヵ月程早い梅雨入りとなりました。伊勢市も5月から雨続き。この梅雨入りと共に、体調を崩されて来院される患者様も増えております。

健康な方でも、身体にだるさを感じたり、普段より頭痛が出やすいな~お腹の具合が良くないな~など、感じている方も多いはず。体力がある方でも低気圧には影響を受けるので、身体が弱っている方や疾病を抱えている方はさらに不調を強く感じやすい時期です。

梅雨は低気圧が続く時期。低気圧は副交感神経が優位な状態です。

自律神経のバランス

自律神経のシーソー

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」が一日の中で上手くバランスを取り合って身体を正常に保ってくれています。
朝、目覚めてから日中に仕事やスポーツ、家事をする時に活発に動けるのも交感神経が優位になっている状態だからです。交感神経は、闘争や逃走の神経とも表現されますが、まさに活発に動くための自律神経です。

食事中や夜に高まってくるのは副交感神経。身体をリラックスモードに切り替え、内臓の働きを活発にしてくれます。食後に副交感神経が高まるのは、胃腸の機能を上げて食事をしっかり消化吸収するためです。そして、夜はしっかり睡眠を取り身体を修復する為に副交感神経が優位になるのです。

交感神経・副交感神経どちらも体の機能を上手くコントロールしてくれる大切な存在です。

副交感神経が優位だと

副交感神経優位

上でも説明したように、副交感神経は内臓機能を高める作用。副交感神経が優位な時は、内臓が活発に働いてくれるので、栄養の消化吸収や老廃物の解毒・排泄がスムーズに進みます。胃腸が元気だと、食欲も正常な状態。美味しく食事ができます。

副交感神経過緊張

正常な範囲での自律神経バランス・切り替えで過ごせる方は、身体に不調や異常は出にくい為、いつも元気な状態です。しかし、どちらか一方に過剰に偏りすぎると身体に不調が現れます。
副交感神経過緊張が続くと・・・

・倦怠感、酷い眠気
・アレルギー、花粉症
・片頭痛
・腹痛、下痢、生理痛
などの症状が出やすいです。

自律神経を整える

自律神経を整える為に、日常でできるセルフケア!
天気が悪くなると途端にぐったり・・・身体が重い~だるい~となりやすい方は、軽めでも良いので適度な運動がお勧めです。内容は簡単なもので構いません。ウォーキングやラジオ体操、筋トレなど出来る範囲で大丈夫です。外にも出掛けたくない!という方は、室内でその場足踏みでもOK☆
軽く身体を動かすことで、交感神経スイッチが入り身体がシャキッとなりやすいです。

そんな元気も出ないわぁー・・・という方は、「爪揉み」がお勧めです。手や足の爪脇を気持ち良い程度に10~20秒ずつくらいのペースで揉んであげましょう。指先は自律神経への影響が大きい為、簡単セルフケアでも効果が高いです。特に身体の倦怠感や痛みの症状が強い場合は、薬指を長めに揉みましょう(30秒ほど)。
もちろん、軽く運動を取り入れつつ、爪揉みを併用して頂くのもお勧めです♪

セルフケアで身体を整えながら、それでも解消されない辛い症状やお悩みは当院にご相談ください。

体質改善・身体のケアをサポートいたします!

もも鍼灸院、はり、きゅう、鍼灸治療
鍼灸ケアについて

鍼灸で身体の修復機能や代謝改善をサポート。自分自身の身体の機能を底上げすることで、身体は元気を取り戻します。そのスイッチを入れるのが鍼灸です☆

食事相談、カウンセリング
お食事相談について

美容と健康に必要なものは何といっても「食事」。毎日どんな食事を摂っているかで未来の身体は良くも悪くもなります。疾病治療や体質改善にも「食事が9割!」食事内容が整う事で鍼灸の効果も発揮されます。

鍼灸と栄養療法で身体の内外から健康にアプローチ
トップページ