You are currently viewing 【症例】腰痛(腹部オペ痕の影響有り)

【症例】腰痛(腹部オペ痕の影響有り)

腰痛 50代 女性

<病院での診断>
特になし

<ご本人談>
疲労が溜まると腰痛を感じやすい。
今回は、左腰~臀部にかけて痛みやハリがあり、起床時や座位から立ち上がる時に痛みが走る。
動き出すと平気になる。

鍼灸院としての診断

眼精疲労の影響、帯脈が硬い。
→体全体の筋バランスが崩れ、腰椎近辺に負担が出ている。
また、腹部オペ痕(帝王切開痕)にも圧痛が見られるので、これからも影響が出ていると推測。

施術方針

腹部オペ痕の圧痛や眼精疲労を解消させ、腰部付近の筋緊張を緩和させる。

施術内容

施術方針に従い、鍼灸施術を行った。
→帯脈の調整、筋緊張緩和処置、眼精疲労処置、腹部オペ痕の処置。

施術後の経過・ケア

施術後、腰の痛みは解消し楽になった様子。
うつ伏せや仰向けから姿勢変更する際も痛みが出なくなった。

※症状の改善速度や度合いには個人差がございます。

体質改善・身体のケアをサポートいたします!

もも鍼灸院、はり、きゅう、鍼灸治療
鍼灸ケアについて

鍼灸で身体の修復機能や代謝改善をサポート。自分自身の身体の機能を底上げすることで、身体は元気を取り戻します。そのスイッチを入れるのが鍼灸です☆

食事相談、カウンセリング
お食事相談について

美容と健康に必要なものは何といっても「食事」。毎日どんな食事を摂っているかで未来の身体は良くも悪くもなります。疾病治療や体質改善にも「食事が9割!」食事内容が整う事で鍼灸の効果も発揮されます。

鍼灸と栄養療法で身体の内外から健康にアプローチ
トップページ