You are currently viewing 【症例】5年続いた頚椎症

【症例】5年続いた頚椎症

5年続く首.腕の痛み痺れ 50代 女性

<病院での診断>
頚椎症、C4の椎間板消失

首の痛みが肩や腕の痛みや痺れを誘引。何をしていても痛みが続き5年程悩まされていた。日常生活にもずっと支障が出ていたため来院。

鍼灸院としての診断

痛み痺れが激しい為、整形外科学的な徒手検査は行っていません。
頚椎症による上肢の神経痛が酷い。

施術方針

頸部から背部の筋の異常緊張を取り去る。土台となる胸椎の可動域を正常化し頚椎に掛かる負担を減らす。
頸部から上肢にかけての血流を改善することで、症状を取っていく。

施術内容

糖代謝改善、組織への酸素供給を改善させる事を重視し施術を行った。

施術後のケア

長い間症状をお持ちで症状も強かった為、身体の快復スピードを考慮し最初は週1回の来院をお勧め。

1回目の施術後から大幅に痛みは消失。痺れも2回目の施術で消失。随伴症状だった頭痛も今は全く出ていない。
(主訴以外の全身の調整を含め計4回の施術)

現在は月1回のメンテナンスにシフトし、体質改善を行っている

慢性的な身体の痛み 治療方針

慢性的な身体の痛み

鍼灸施術について

鍼灸と栄養療法で身体の内外から健康にアプローチ
トップページ