You are currently viewing 【症例】外傷後の指の痺れや可動域制限

【症例】外傷後の指の痺れや可動域制限

指の痺れや違和感 50代 男性

<病院での診断>
外傷後の後遺症

<ご本人談>
鋭い金属で指を深く切ってしまった。
指はくっついたが、痛みや痺れ、動かしにくさがずっと残る。

鍼灸院としての診断

指先から第二関節辺りまでの傷痕があり、健側に比べて指が腫れて太くなっている印象。
触れると痛み・痺れ・違和感あり。
末梢神経の障害と血液供給の悪化による知覚障害と推測。

施術方針

局所の血液循環を改善し、傷害部位に酸素と糖をスムーズに供給できるようにし、知覚障害や可動域制限を改善させる。

施術内容

施術方針に従い、鍼灸施術を行った。
→酸素供給・血糖調整の為のツボに処置を行った。

施術後の経過・ケア

施術後、痛みや痺れが改善し、指が動かしやすくなった様子。

2回目の施術後、よりスムーズに指が動かしやすくなったと報告を頂きました。

※症状の改善速度や度合いには個人差がございます。

体質改善・身体のケアをサポートいたします!

もも鍼灸院、はり、きゅう、鍼灸治療
鍼灸ケアについて

鍼灸で身体の修復機能や代謝改善をサポート。自分自身の身体の機能を底上げすることで、身体は元気を取り戻します。そのスイッチを入れるのが鍼灸です☆

食事相談、カウンセリング
お食事相談について

美容と健康に必要なものは何といっても「食事」。毎日どんな食事を摂っているかで未来の身体は良くも悪くもなります。疾病治療や体質改善にも「食事が9割!」食事内容が整う事で鍼灸の効果も発揮されます。

鍼灸と栄養療法で身体の内外から健康にアプローチ
トップページ