You are currently viewing 【症例】足裏の違和感(接触感の異常)

【症例】足裏の違和感(接触感の異常)

足裏の違和感 70代 女性

<病院での診断>
特になし

<ご本人談>
近年、ずっと足裏に違和感がある。
薄い皮が一枚間にあるような、床を踏みしめても、しっかり当たっていない感覚。
痛みは無い。

鍼灸院としての診断

糖尿病などの疾患は無し(問診により)
心臓の反応が強く出ている。

下肢の浮腫みも強い。
血流が不足し、酸素と糖が上手く循環できず、知覚障害として現れているのではと推測。

施術方針

末端への酸素供給と糖代謝を改善し、知覚障害を正常化する。

施術内容

施術方針に従い、鍼灸施術を行った。
→強心処置、肺経と脾経の調整。
上記内容を中心に施術

施術後の経過・ケア

施術後、足裏の感覚が正常に戻った、と話されていました。

※1ヵ月に1回程度のペースで疲労が溜まった際に来院されています。
(他のお悩み改善や全身調整も含む)

※症状の改善速度や度合いには個人差がございます。

体質改善・身体のケアをサポートいたします!

もも鍼灸院、はり、きゅう、鍼灸治療
鍼灸ケアについて

鍼灸で身体の修復機能や代謝改善をサポート。自分自身の身体の機能を底上げすることで、身体は元気を取り戻します。そのスイッチを入れるのが鍼灸です☆

食事相談、カウンセリング
お食事相談について

美容と健康に必要なものは何といっても「食事」。毎日どんな食事を摂っているかで未来の身体は良くも悪くもなります。疾病治療や体質改善にも「食事が9割!」食事内容が整う事で鍼灸の効果も発揮されます。

鍼灸と栄養療法で身体の内外から健康にアプローチ
トップページ