You are currently viewing 【症例】10年以上前の骨折の後遺症-不快感や触ったときの痺れ

【症例】10年以上前の骨折の後遺症-不快感や触ったときの痺れ

骨折の後遺症 30代 男性

<病院での診断>
左鎖骨骨折-15年前-手術なし
右前腕両骨骨折-10年前-手術あり
(プレートが入ったまま)

<ご本人談>
左鎖骨骨折後から、治癒後痛みは無いが、周辺を触れるだけで不快感が酷く、カバンを肩にかけることができない。
右腕は、疲労が溜まりやすく重だるさがずっとある。痺れもあり、触ると手先にまでビリビリ感が来る。

鍼灸院としての診断

来院時の主訴が、酷い首肩こり、背中のコリ、頻発する頭痛でした。
問診やお身体のチェックで、骨折痕がかなり体調に影響しているのではと推測。

施術方針

骨折痕の治療を行い、局所の自律神経興奮を抑え、自然治癒力を向上させる。

施術内容

施術方針に従い、鍼灸施術を行った。
→副腎処置(副甲状腺機能の向上を含む)、皮膚科処置(オペ痕のケロイド部分の異常感覚に対して)、心経のツボを使い鎖骨の異常感覚を消去。
上記内容を中心に施術

施術後の経過・ケア

施術後、一気に身体全体が楽になったと話されていました。
骨折痕を触診で確認しても、痛みや痺れ違和感なども解消されていました。
遠方から来院されていた為、また不調がある際は、自宅のお近くで治療を続けられるようお勧めしました。

※症状の改善速度や度合いには個人差がございます。

体質改善・身体のケアをサポートいたします!

もも鍼灸院、はり、きゅう、鍼灸治療
鍼灸ケアについて

鍼灸で身体の修復機能や代謝改善をサポート。自分自身の身体の機能を底上げすることで、身体は元気を取り戻します。そのスイッチを入れるのが鍼灸です☆

食事相談、カウンセリング
お食事相談について

美容と健康に必要なものは何といっても「食事」。毎日どんな食事を摂っているかで未来の身体は良くも悪くもなります。疾病治療や体質改善にも「食事が9割!」食事内容が整う事で鍼灸の効果も発揮されます。

鍼灸と栄養療法で身体の内外から健康にアプローチ
トップページ