You are currently viewing 【症例】股関節の違和感、痛み

【症例】股関節の違和感、痛み

股関節の痛み 50代 女性

<病院での診断>
2ヵ月程前から右股関節の痛みや違和感が続いている。
レントゲンで股関節に軽く変形が見られた

<ご本人談>
病院で一度痛み止めの注射を打ったものの、また痛みが再発。
日常で動かしていると、痛みや違和感が大きくなってくる。
整体で調整を試していた時期もある(週に2回通った)が、あまり快方しない。

鍼灸院としての診断

パトリックテスト陽性、腹診で肝臓領域に圧痛多数、股関節の内転内旋・外転外旋で共に上前腸骨棘の下部に痛みが発生する。

施術方針

肝・胆の治療を行い、右半身の異常を解消する。

施術内容

施術方針に従い、鍼灸施術を行った。
→肝実処置、胆経上の反応点に刺鍼などを行った。

施術後の経過・ケア

施術後、痛みや違和感が施術前と比べ格段に減ったようで、可動域制限も大幅に減少しました。
まだ、無理に股関節を大きく曲げたり開いたりしようとすると、微妙に違和感が残るご様子。
日常生活を送る中で、また徐々に痛みや違和感が大きくなってきた際に、来院するようお伝えしています。
現在、2週間に1度のペースで施術を受けられています(3回目)

1回目の施術時、普段から肝の付近に痛みを感じるとの事で、腹診した所、肝周囲だけ圧痛点も多かったです(他の腹症は特に無し)
肝経の処置をメインで進めていますが、股関節の症状だけでなく、今年は花粉症が出るのも遅いとお話されていました。

※症状の改善速度や度合いには個人差がございます。

体質改善・身体のケアをサポートいたします!

もも鍼灸院、はり、きゅう、鍼灸治療
鍼灸ケアについて

鍼灸で身体の修復機能や代謝改善をサポート。自分自身の身体の機能を底上げすることで、身体は元気を取り戻します。そのスイッチを入れるのが鍼灸です☆

食事相談、カウンセリング
お食事相談について

美容と健康に必要なものは何といっても「食事」。毎日どんな食事を摂っているかで未来の身体は良くも悪くもなります。疾病治療や体質改善にも「食事が9割!」食事内容が整う事で鍼灸の効果も発揮されます。

鍼灸と栄養療法で身体の内外から健康にアプローチ
トップページ