You are currently viewing 【症例】腕から手にかけての痺れ

【症例】腕から手にかけての痺れ

腕~手の痺れ 70代 女性

<病院での診断>
CTを撮ってもらったが、特に異常は無しと診断された。

<ご本人談>
昨年から、首周りの痛みが酷くかった。
1週間程前から、手の痺れが強くなってきて、酷い時は腕全体が痺れる。

鍼灸院としての診断

扁桃の反応や、首周りの筋緊張が強い。
頸部伸展で上肢の痺れが増悪する為、頚椎症と推測。

施術方針

脾胃の治療、首周りの筋緊張を緩和させる。

施術内容

施術方針に従い、鍼灸施術を行った。
→扁桃処置、副腎処置、脾経の調整、筋緊張緩和処置。

施術後の経過・ケア

施術後、手の痺れ、首肩周りの痛みが解消した様子。
手を動かしても痛くない、と話されていました。
日常生活での活動レベルが高くなりすぎると、痛みや痺れが増える為、しばらくは無理しすぎないようにお勧めしました。

※症状の改善速度や度合いには個人差がございます。

体質改善・身体のケアをサポートいたします!

もも鍼灸院、はり、きゅう、鍼灸治療
鍼灸ケアについて

鍼灸で身体の修復機能や代謝改善をサポート。自分自身の身体の機能を底上げすることで、身体は元気を取り戻します。そのスイッチを入れるのが鍼灸です☆

食事相談、カウンセリング
お食事相談について

美容と健康に必要なものは何といっても「食事」。毎日どんな食事を摂っているかで未来の身体は良くも悪くもなります。疾病治療や体質改善にも「食事が9割!」食事内容が整う事で鍼灸の効果も発揮されます。

鍼灸と栄養療法で身体の内外から健康にアプローチ
トップページ