You are currently viewing 【症例】拇指球の痛み-親指近辺が動かすと痛い

【症例】拇指球の痛み-親指近辺が動かすと痛い

拇指球の痛み 50代 女性

<病院での診断>
レントゲン-異常無し
痛みが続く場合は、手術を勧められた

<ご本人談>
1年程前から痛みが続く。
痛みが無い時もあるが、仕事で手作業が増えてくると痛みが頻発する。

鍼灸院としての診断

手の使い方(習慣・癖)が負担をかけている。
手の筋肉のバランスが崩れ、関節に負担がかかり痛みが出ている。

施術方針

肺経、大腸経の調整を行い、経絡上の異常を消去する。

施術内容

施術方針に従い、鍼灸施術を行った。
→肺経・大腸経の調整を中心に施術

施術後の経過・ケア

現在、3回施術を行った。
(大体、2週間置きに来院)

施術後は痛み解消するが、やはり仕事で使っていると段々痛みが強くなってくる様子。
→手の使い方でも負担の大きさが変わる事を説明し、なるべく負担を減らせる手の使い方をお伝えしました。
初来院時、手の爪がかなり長い状態(ネイルアート)で、そちらも手作業に負荷をかけている要因ではと思い、短めに変更していただく事もアドバイスいたしました。

日常習慣の癖、仕事の作業量でも痛みの増減がある様子でしたので、疲労が蓄積しすぎない前にメンテナンスされることをお勧めしています。

※症状の改善速度や度合いには個人差がございます。

体質改善・身体のケアをサポートいたします!

もも鍼灸院、はり、きゅう、鍼灸治療
鍼灸ケアについて

鍼灸で身体の修復機能や代謝改善をサポート。自分自身の身体の機能を底上げすることで、身体は元気を取り戻します。そのスイッチを入れるのが鍼灸です☆

食事相談、カウンセリング
お食事相談について

美容と健康に必要なものは何といっても「食事」。毎日どんな食事を摂っているかで未来の身体は良くも悪くもなります。疾病治療や体質改善にも「食事が9割!」食事内容が整う事で鍼灸の効果も発揮されます。

鍼灸と栄養療法で身体の内外から健康にアプローチ
トップページ